ある日のエフェメラ (マユリさん作、エフェメラ編)

とんてんかん。

とんてんかん。

よく、とんちんかん、とマヌケの代名詞にされることだが。

とん。てん。かん。とリズムよく金属を叩く音が。
とん。ちん。かん。間を外した音になり、そういわれるように。

とんてんかん。とんてんかん。とんてんかん。

不意に。「あ、エフィ。ここだったの?」
とんチンかん。「ニャぁっ!」
驚いて槌をとり落としかけるワタシ。

──瞬間槌が奏でた間抜けな音が気になる。丁度刀身冷めたとこだったから、大事にはなってないと思うけども。だいじょぶかな? だいじょうぶかな?

「あ、ごめんごめん。」と、声をかけてきた女性がこっちに歩いてきた。
「勘弁してくださいよ~エリスさん・・」声の主に振り返ったワタシはその時、情け無い表情してたかもしんない。
「いや、ね。セネっちの剣がどうなってるかな~なんて。」
この人はもう~。タイミング良く悪いタイミングで入ってくるんだから。
だから言ってやる。「セネリオさんの剣、まさに打ってるところです。」
彼女の顔が少し青ざめた。
「あにょ・・そにょ・・。お邪魔しちゃったにゃあ?」
「ええ。まったくもって。失敗しちゃったら、エリスさんにお支払いいただきますから。大体、仕事の最中に声かける方が悪いんですよ・・。」
ぶっきらぼうに。
まぁ、こんな風に言えるのも相手がエリスさんだからかな。あと少しで鍛冶屋のマスター称号を得ていない半端者のワタシなのに、知った仲だからって理由だけで大事なお姉さんの剣の修繕を任せてくれる人。
但し仕事は仕事なので、貰う物はきっちり貰う。ビタ一文まかんない。

とは言え・・。
ワタシは刀身を光にかざしてみた。
不出来な剣ができてしまった。最後の一打ちが僅かながら強すぎたみたい。こんなんじゃプロ失格、セネリオさんには間違ってもお金貰う事できない! でも無償だなんて絶対許せない~っ。えりすさんのバカえりすさんのバカえりすさんの(ry・・

ワタシは、親指と人差し指で輪を作って彼女に差し出した。にっこりと。
意味は判るわよね~? エリスさん。

けれど彼女は。
「ああ、はいはい。社長に請求しとくわ。」
あっけらかんと返事を返してきた。しかも、<strong>あの</strong>社長に請求!? するの? え、しちゃえるの?
「いいの?エリスすげー。」
ワタシは素直な感想を漏らした。出世したんですねぇ、エリスくん。
「エフェメラほどすごくないわ。」
ん?
「ほほう。」それはどういう意味かな、エリスくん。よーわからんけど。
「でもまあ・・せねっち、超怒るだろーなー・・・。」
渋い顔して彼女が愚痴る。けどワタシの方は、貰えるものが貰えると解ったら気が大きくなってしまった。
「いいじゃない。セネリオさんだってそこまでは。」
「エフィ!せねっちキレたらすごいんだよ?もうね!」
「ま、メシいこう!」
「むう。」

渋い顔のままワタシの片づけを手伝ってくれる彼女の背に、ワタシは心の中で付け加えた。
社長説得の方が大変なんじゃないの? ワタシの為にできるだけ頑張ってね。って。


クイックサンドのクラムペットがワタシを待っている♪



----------
ワタシがフォローしている過疎友(ff14正規サービス終了11/11以降のワールド解放期間にお友達になった方)のマルスさんがワタシのフォローページを埋める程に、よくコメントを残されている、マユリさんのページ。
そこはまだエオルゼアが活きている、ストーリーメイキングサイトでした。
いつからかワタシもその読者に。
そして、一幕が終わり感謝のコメントを残したら、、
えっ? なんかワタシが出てきたっ!
http://lodestone.finalfantasyxiv.com/rc/diary/entry?e=463986
こそばゆく、嬉しく、そうしたらその話を基に、自分はその時何思ってたんだろうって、インラインで加筆してしまってました。
写真で言うならひと様の作品に耳と尻尾を書き足す程の、作品へのいたずらにもなりかねないのですが。
なんとマユリさんからお許し出ましたので、アップした次第です。

Lodestoneコメント


Mayuri Rossana (Hyperion)エフィさん、素敵ですw
いやー、あたしのお話がここまでふくらむとはっ!
ありがとうございますw楽しませていただきましたw
ふむふむ・・・ここからどう繋げようか、ちょっとプロット練り直しますw
Mayuri Rossana (Hyperion)2013年04月26日 14:51


Marth Lowell (Durandal)自分のコメントでエフェメラさんのフォローページを埋めているとは思わなかったですw

あ、マユリさんは絵師さんを探していらっしゃるので、
エフェメラさん少しかけませんでしたっけ?w

マユリさんの日記コメにも書きましたが、
ぜひ転載許可をいただければ幸いです。
ご検討のほどよろしくお願いします。
Marth Lowell (Durandal)2013年04月26日 17:38


Ephemera Mitoa (Durandal)マユリさん、ありがとうございます。
エオルゼアにいるワタシのストーリー、というのは、実は前々から描きたかったんです。
(小さい頃は黒衣森の境界で数人のミコッテで構成する集団の中、母と妹2人の4人暮らし。森の外に興味を持ちつつ、母直伝の短弓でようやく食料を賄える様になった頃、ウルダハへ向かう商団がトラブルしてる所に関わってしまい。まぁ親離れの時期でもあったので、そのままウルダハへ…などという。)
そしたらびっくり!ワタシちゃんと活きてるじゃんっ! とマユリさんのお話を読んで、思った訳です。
自分視点での書き換えは失礼に当たらないだろうかと思いつつも、筆が(キーボードタイプが)止まりませんでした。
公開のご許可、ありがとうございました。
Ephemera Mitoa (Durandal)2013年04月26日 21:26


Ephemera Mitoa (Durandal)マルスさんがワタシがフォローページを埋めた理由は単に、ワタシがフォローしている方の中でサービス終了後も特に活発にロドストしてるのがマルスさんだった、というだけなんですけどねw
転載の件、お申し出ありがとうございます。著作権所有者がOKなら是非。願ってもない事です。
イラストの件は、、、描いてみたい!でももったいない。でも描いてみたい。複雑な気持ちです。
飾りなく正直に申し上げると、マユリさんのお話ってイラストが無いからこそイメージかきたてられて面白いって感じています。
描いてみたい興味もあるけど、ストーリーを思い返した時、脳内イメージはイラストの画風のキャラを思い浮かべると思うんです。画風によってイメージ固定化されちゃうのがもったいないかなぁというのがワタシの意見です。
と、ごちゃごちゃ書いておきつつ描いてみたいのもまた事実。複雑~うきゃぁ
Ephemera Mitoa (Durandal)2013年04月26日 22:21


Marth Lowell (Durandal)>エフェメラさん
確かに小説のキャラクターイメージは人それぞれ違いますからね。
難しいですよねぇ・・・。
Marth Lowell (Durandal)2013年04月26日 22:31


Ephemera Mitoa (Durandal)ちなみに、森の外に出てきた理由は「ミコッテではない種の集まりを見学したくて」。ディードリットの「停滞に嫌気。パーンという人間への興味」とはちょっと理由が違います。何の事やら分からないデスヨネ。

んで、機敏に動いて無茶な態勢からでも矢を放てる短弓が好きです、本当は。グリダニアンオフィサー・ボウやアウリッシュボウなんて、デザインも良いですよね~。普段はおしゃれな短弓背負ってて、戦闘時に威力重視の長弓に持ち替えてました。
って、あ。弓のくだりの部分、引用し忘れてるじゃん!
Ephemera Mitoa (Durandal)2013年04月26日 23:39


Ephemera Mitoa (Durandal)マルスさん、ええ。難しいと思います。
ff14の3Dキャラそのままにイメージが出来上がってた方に、例えば2頭身キャラの挿し絵を受け入れて? 例えばJOJOっぽい絵柄を受け入れて? というのは…………アリカモシンナイw けど、まあ、ええ。難しいと思います。
Ephemera Mitoa (Durandal)2013年04月26日 23:49


Mayuri Rossana (Hyperion)大丈夫ですw
スレイン・スターシーカーさんは、「僕は、星をみつけたのかもしれない。」と嫁さんもらいましたしw
ちなみに、作中キャラのフネラーレ嬢も弓使いですが、彼女は長弓ですね。
そんでもって弓に名前つけてますし。
ただ、彼女の場合は都合によりダガーに持ち替えたりと、利便性を優先しています。母の形見の弓なんだからもうちょい大事にしてwとかつっこみたいwまあ、スタッバーですしw
Mayuri Rossana (Hyperion)2013年04月27日 01:55


Mayuri Rossana (Hyperion)あ、脱線しちゃったw
イラストの件ですが、なるほど~とおもいました。
まあ、あたしのワガママが通ればな~という事でしたので。

そういう想いの方がおられるのは、とても嬉しい事です。
やーっぱ、イラストはあきらめかしら・・・とか言いつつも、どんなイメージしてるのかは気になるw
Mayuri Rossana (Hyperion)2013年04月27日 02:01


Mayuri Rossana (Hyperion)さらに追記。
人物の表現に、あえてどんな容姿か?ではなく、主に髪の色や髪型で描いているのは確かに「イメージしてほしい」ってのはあるんです。
事細かに描くよりは、コッチの方がイラスト描けない自分としては。
その点、フネラーレ嬢は一番表記が細かいですよねw
マユ達と違って主役級のキャラとしては、あまりに繊細な彼女はついつい親心?でwちなみに、フネラーレの(絵としてのモデルはいまして)
CLAMPさんの「GATE7」のガラシャ、こと、たまです。まあ、あたしのイメージだけですので、お気になさらず~w
Mayuri Rossana (Hyperion)2013年04月27日 08:43


Ephemera Mitoa (Durandal)ロドスト戦記、分かられちゃってますね~

このGW4日間、温泉旅行で全く何もできないので、マルスさんサイトのマユリさんの書き物、全部読み返してみますw
Ephemera Mitoa (Durandal)2013年04月27日 22:25


Mayuri Rossana (Hyperion)>エフィさん、おたのしみをw
4日で読みきれるかな~w
Mayuri Rossana (Hyperion)2013年04月28日 04:14


Mayuri Rossana (Hyperion)あ。ロドスト戦史も知ってますw
一瞬ロードストーンだと勘違いしてたw
Mayuri Rossana (Hyperion)2013年04月28日 06:06


Ephemera Mitoa (Durandal)> マユリさん
現時点で読んだ話数は239話。今朝方までマルスさんがアップしてた話数は200くらいでしたから「掲載数に追いついた!」って勝った気でいたんですけど。
今見たら360話まで延びてました…。ヤラレタ~。でもお陰でノンストップで読み進めています。
この4日間で600話は、もろ手上げて降参しときます。はい。
Ephemera Mitoa (Durandal)2013年04月28日 23:56


Marth Lowell (Durandal)>エフェメラさん
サイトを見ていただいてありがとうございますw
現在、50話/日以上を目標に転載作業を行っていますw
Marth Lowell (Durandal)2013年04月29日 00:02




0 件のコメント :