2017年10月17日火曜日

あっちでふらふら、こっちでぶらぶら

世はPatch4.1の公開と共に、新天地ラバナスタへ、強敵オメガへ、と光の戦士たちが新しい挑戦を始めています。

そんな世のMasamuneの片隅で、光るヤカンを手に「え~!? 今度は極蛮神やらなきゃいけないの~?」としかめっ面したミコッテがおりました。ワタシです。

他方Pandaemoniumでは、「ワタシだって『メガネくいっ』したい!」とクエスト報酬に釣られて、学生や探偵にこき使われながら、イシュガルドの上層下層を往ったり来たり絡まれたり、スプリントのクール時間の延長に悩まされるミコッテがおりました。ワタシです。

そんなミコッテをよそに。Aegisは黒衣の森、地下40階層目で5度目の床ペロをこれから味わう事になるミコッテが。累計4時間くらいをEXPゼロで過ごし、LV上げに絶望する事になるミコッテが。ログインしたFCハウスの庭で紫もわもわの野菜にビックリしておりました。もちろんワタシです。

世の波に乗れないミコッテ。うん、ワタシ(^_^; 

2017年10月12日木曜日

12日の夜まで「待て」!

 ここに居るハズのラウバーンがワタシには見えないよぅ(>_<) なんで~??


という不具合に、一昨日の深夜、直面しました。
事象については嬉しくないけど、偶然性に出会えた珍しさには、まぁあ?なーんとなく?らっきぃ的な?

パッチ4.1公開以降に確認されている不具合について(10/10)
https://jp.finalfantasyxiv.com/lodestone/news/detail/302126643653ad42cede081cd60b999d600e38db

みんなが4.1で楽しむ会話を聞きながら、追いつきたい焦燥感に駆られつつストーリー進めてたら、バッタリ出会ってしまった通せん坊。
「焦るな。」って事なんでしょうね。


今日の緊急メンテで修復されるとの事なので、今日の夜が楽しみです(>_,<)

2017年10月10日火曜日

ひみつのお部屋をカミングアウト

それって秘密にならないのでは?という疑問はスルーする事にして。
ハウジングで、Sサイズなハウスの階段下に隠し部屋を作る事に成功したよ! 

参考元はこちらのURL。為ララさんありがとう~っ! 
http://kanilala.blog.fc2.com/blog-entry-599.html


階段裏に、ひみつ部屋。外から見えない隠し部屋。・・にゅふふ。嬉しい♪♪ 
できちゃった~、できちゃった~♪ 
ひみつ基地みたいで安心感あるからか、Sayモードで蒼さんと1時間以上もしゃべり込んじゃった。もう3時だよ!(>△<)寝るべ~っ 


ひみつ部屋から見るSサイズのハウスの地下はですね~、1階よりも広いのです。
隠し部屋自体も座布団ロフトで拡張しているから尚の事。

そしてそして。
この部屋と、かの部屋とを仕切る壁はナント!マジックミラー仕様なのです。
こちらからは外が見えても、外からはこちらが見えない。

だから「独りは寂しい、けれどコミュ障」な方にはモッテコイのお部屋となっております。地下に誰かいないと結局は独りなのですケドネ。

AegisでのFCマスターがハウジング遊びを開放・・いえ、大目に見てるだけかもですけど、ま、おかげで、マイルームでは出来ない遊び方に挑戦する事ができました! これ、やってみたかったんですよ~(>▽<)ノ 


階段裏の隠し部屋に入る為には。
「ベッド」と「エモート:居眠りする(/doze)」を利用します。ベッドの隣で【/doze】するとベッドの上に吸引されます! で、寝っころがるんですね~。この吸引力を使うんです。
ちなみに椅子でもやってみたけど。こちらは吸引力が弱いのか、ダメでした。

ベッドの階段裏設置を狙って、まずは宇宙空間へのエレベータ作りです。
階段と宇宙とを隔てる壁へダイブする必要があるので、1階踊り場に作ります。

ワタシは「カタパルトにドラゴンフロアランプ1基、着地点に座布団1枚」の組み合わせを良く用います。単基で天球儀よりも高く遠くへ人を運べますから。

ただ、「天井を超えて視界外となった家具の浮かせ技にはゲームパッドが必須」なので、マウス・キーボード操作のワタシはこの時だけ不慣れなコントローラーを使います。着地点たる座布団設置がちょと面倒。

エレベータが出来て。
宇宙へと飛び出したなら。


さぁ!大ジャンプ。狙うは階段と宇宙とを隔てる壁です。


そして。
ハウス箱の外、宇宙からの視点で、階段下にベッドを設置します。


あとはもう、ベッドの近くで【/doze】するだけ。
立ち位置がベッドに近ければ、ベッドは身体を階段裏の空間へと導いてくれます。


FCハウスは、うまくいけばシロガネへとお引越し。
そしたら隠し部屋の家具のどれもこれも、ハウジング倉庫へと片づけられる訳だけど、是非そうなってて欲しい! で、今度はワタシじゃない誰かが隠し部屋を作ってくれると嬉しいな♪ 



・・あ"。黒座布団とドラフロランプとベッドとウッドチェアとプランターパーテーション、ワタシの個人所有物だから回収せねばっ!! 

2017年10月3日火曜日

小径の先に待つ湯気其の弐。白雲之湯。

まもなく賑わいを見せるであろうシロガネの、今は閑散とした石畳を歩く。
ときに、柵を跳び越え空き地の中を。
ときに流るる川の中を。

そ~んな感じで散策していたら。
大岩と岩の間に、少しばかり上り坂の、小径が、現れた。

「何なん?」と、ワタシは小径へ進路を切り替える。
その先に待っていたもの──。

「白雲之湯」。

って、地図見たら書いてあったw 
隠れ浜の湯の反対側にも温泉があったんだねぇ。この町、贅沢だっ(>▽<) 


広さはそこそこ。お湯が少し白く濁る、岬の上の温泉です。

BGMを切って環境音だけで入るのもオツなもの。打ちつける波の音、険しい岩の間を抜けてきた風の音が、「湯に入らぬと、身体を冷やしてしまうぞ!」と無言の圧力をかけてきます。

空気が冷たいからか、上がる湯煙も多い感じがする。


ちょっと住宅地が近いかなぁ。
ここにおウチが立ったら屋根の上から見られちゃいそ。


あ、そうそう。
このお湯も隠れ浜の湯と同じく、浅いトコと深いトコが半分こになってます。
真上から見ると一目瞭然。種族・性別に限らず、みんながちょうど良い深さでお湯に浸かる事ができますよ~。たぶん、ね。


お湯が白くて雰囲気充実。
シロガネに家々が建った時にどれだけ風景が変わるのかは、まだ未知数だけど、ずっと憩いの場であってくれたら、温泉好きとしては嬉しいな。



温泉帰りに、棒を担いだ男性に出くわした。こんな人、エオルゼアでは見ないよねぇ。
棒の両端からぶら下がる桶、何が入っているんだろう~? 

ひんがしの国、興味が尽きないよね。
入国してみたい。

2017年10月2日月曜日

賑わう前にゆっくりと其の壱。隠れ浜の湯。

いよいよハウジングエリア「シロガネ」が解放されるまで10日となりました。
和風色が強いこの地にハウスを建てる目標を掲げる方も多いはず。

でもワタシは・・。フリーカンパニーのオーナーに付いてゆくだけなので、そこまでの意気込みは持っていなかったんですね、シロガネに。

温泉があると知るまでは! 



リアルタイム10月01日のお昼。
前日夜に録画しておいたプロデューサーレターライブ#39を見ながら、ワタシはシロガネにいました。
もちろん目的は温泉です! 言わずもがなでしょ~。

あと10日の後には、人が集まって騒々しくなる事は明白。
ワタシは静かでゆったりとしたお風呂が好きなのです。今のうちに堪能しておかなければ! ね♪ 


まず向かったのは、隠れ浜の隣に設けられた大きな温泉です。

海が! 目の前に大パノラマでっす。青森は西津軽にある「不老ふ死温泉」の様!! 
海面が近い近い。

ここはですね~、湯船の左右で深さが違いまして。
下の写真でワタシが座っているトコロを境に、右手前が深く、左奥が浅くなってます。まぁ、湯船まっぷたつで床の高さが違う、と。

深いとこだと157cmのワタシでは唇下、アゴまでお湯に浸かっちゃいます。ぼぼちびつぶかばばびび・・。
でも、浅いとこだと二の腕も半ばまで外気にさらされる程に。温泉に浸かってる気がしない~(>_<) 
結局ワタシにちょうど良いトコって、ふたエリアしかないのかな。


そのひとつ。「湯船に入り始めの足を浸す辺り」。


「深いトコと浅いトコの境目にある斜面──お風呂の中心ライン」。

温泉って、のーんびり出来て良いですよねぇ。ゆらめくお湯のみなも。立ち上がる湯気。水面にきらめく反射の光。満足そうな画面向こうのワタシw 

いやぁ・・。ひんがしの朝日を4回も拝んじゃった。

さすがに満足したので、この後はお隣の隠れ浜でかるーく海水浴してクールダウン。

んで、「シロガネ見物でもするかぁ」と島一周の散歩に出かけたのでした。


https://jp.finalfantasyxiv.com/lodestone/character/4174402/blog/3568714/