2019年8月31日土曜日

恒例!紅蓮祭の撮影ツアー!

夏とくれば紅蓮祭! 紅蓮祭とくれば #パンデモ撮影会 ! 
ってな具合に恒例と化しました、Emiさん主催の撮影ツアー。



みんなでワイワイ集まって、暑気払いといきましょうヨ! 


では、ここからSS祭り! 
始まりは森の都グリダニアからでぃっ♪ 
ミィ・ケット野外音楽堂のステージで、みんな、騒ごうぜぃ! 

ひといっぱい! ワイワイ楽しそう♪




あ、グルポ設定消し忘れてた・・。


砂の都ウルダハは賑わいもぎゅぎゅっとコンパクト! 
その分熱気も濃縮気味だよっ。









海の都リムサ・ロミンサは、お祭り会場へ急に人が押し寄せて賑やかに! 
あまりのお客さんに紅蓮祭実行委員も手が回らない??






そして最後は常夏の海コスタ・デル・ソルへ。
夏だ!祭りだ!お神輿だぁ~っ! 







そしてツアーは、夏の夜空が明けると共に、お開きとなったのでした。

2019年8月26日月曜日

家建つ前の景色を抑える

ワタシの土地じゃぁないんですけどね(^_^; 
フレンドさんが買いました! 

思い入れのある地だからと、ホントに偶然、その土地が空いたタイミングで、FCの方に多大なる協力を戴いて購入したそうな。
あや~・・。ワタシが見せた「滝と共にある家」のSS、相当心に響いたのかもネ。かもしれないネ。

教えて貰った番地へ飛んでみると、家はまだ建っていませんでした。
いわく、「資金が尽きた」w 
ま。Sサイズとは言え、空いたばかりの土地なら375万ギル程、家で45万ギル程。土地を抑えるだけで精一杯だったんだって。

とは言え。そのうち家も建ってしまうでしょう。
ならば、今のうちに家無い景色を記念に撮っておこっと。

おや? 門の所に誰かが立ってる。ララフェル・・さん? 
ワタシの知らないヒト・・だけど、FC名はフレンドさんと同じ名だね。



・・ん"? 
【/icam <t>】を使ってその御姿を確認してた訳ですが、次に表示されたカメラの向きで、ワタシ悟りました。

塀に上ってカメラモードで突っ立っているミコッテを発見。これって・・。
むしろ、ワタシが妖しいヒトなのか?? 

いや・・あの・・。ワタシ、この土地を横取りしに来た訳ではございません! 既に押さえられてる訳だし! 
そもそもワタシ、別ワールドから来た≪Wanderer≫だから、この土地の元所有者って訳にもならないですしっ。
そんなに警戒しないで~/(>△<)\ 


その後、ワタシがグループポーズモードから戻った時にはいなくなっていました。
気を取り直して、パシャリパシャリ。

紅蓮祭の季節でしか撮れない、花火と一緒に。

快晴の青をバックに涼やかな滝しぶき。


この後。フレンドさんがやってきて。
案の定、家が建ちました。
ご希望のリムサ様式の白い家で。

おっっめでとぉぉおおお~っ♪ 
ワタシも住まわせてね! 
取り立てにも来るからねっっ。

2019年8月25日日曜日

13区の土曜日

1年に一度、日差し強く夏暑きこの時期に。
ココとは異なる世界に魂を持つ者どもが、地下暗き部屋で、秘めたる恐ろしきを語り合う集会が在ると言う・・。

示された時は「2019年8月24日(土)の21:30」。
指示されたは「Masamune世界、ゴブレットビュートの10区13番地」。

ワタシ・・行かなきゃ・・ 
行かなきゃいけない、そんな気がする・・ 


ひぃぃいいいいーーーっ 

あ。ワタシの顔でした・・ 


暗く静かな地下室です。このSS、できる限り露出強くしてるのに、これくらいしか見えません。
↑↓ワタシはどこでしょう?w 

とても広いのに灯りは僅か。灯りの届かない部屋の隅の暗がりで何かが灯りに反射したような・・ 一瞬の事だったから勘違いだったのかも。

お憑かれさまでした。凄く・・凄かった様な・・こう、落ち着かない感じがします。
なんだろ、訳がわからないよ? 

こうして。ベアさん主催「怪談会2019」は、静叫のうちに幕を閉じま|



時計は3時を指している。
暗い部屋に灯るモニタは、書きかけのブログと、そして── 
仰向けに倒れた筆者を闇に浮かび上がらせていた。

2019年8月21日水曜日

呼び名はえふぇめーランド

以前AegisのFC個室の完成を見て後、半端に手を加えて納得がいかないままに放置。そして過ぎる事、幾歳月。

ワタシが尊敬するハウジング博士が夢の家具浮かせ技を公開、これが世に広まってから、ハウジング界隈ではより一層のセンセーショナルなお部屋が誕生しています。

ワタシとしても、マサムネ・パンデモニウムにある家の内装が落ち着き、マサムネ・デュランダル・パンデモニウムにあるFC個室も模様替えがひと段落。気にかかっていたのはイージスのFC個室だけとなっていました。

そんな状況だったので。

今回は「夢の浮かせ技」でいろんな家具を打ち上げて、「来てくれる方が、驚いてくれたら・楽しんでくれたらイイな」ってお部屋を作ってみました! 

・・実際。
FCのみんなに来て戴いた時、言われたワタシのFC個室の呼び名が「えふぇめーランド」。予想ななめ上の好評をいただいて嬉しい限りです。

Aegisワールドはシロガネ2-28にあるFC「Traveller's Inn」のハウス「INNはなお庵」。
その個室にえふぇめーランドはありますから、是非いらっしゃってくださいませ。


ではでは内装をご紹介。

室内に入った時の風景はこんな感じです。
シロガネにあるお部屋なので、お部屋に入った時に抱く第一印象は「和」のイメージで合わせてみました。
ザナラーン・ワードローブを使った格子壁は、ハウジングを始めた当初から、ワタシが好む家具組み合わせですね。

奥にはお風呂と、

寝所があって、
振り返ると、入り口の頭上がロフトになっています。
白い格子のパーティションで隔離していて、その中はワタシのなかでは「メルヘンルーム」って言ってます。

だけれども。このロフトへ行く為の階段を、ワタシ設けてません。
実はこの部屋、ギミックハウスなんです。

階段の代わりにこちらを使います。

お部屋に置いた訪問帳にも記したのだけど、ロフト下の吊り下げランプ真下でJUMPしてください。
すると、あら不思議。上の部屋へと転移できるのです。

(あ。余談だけど、天球儀とドラゴンフロアランプとでは転送距離が異なります。ナンノコッチャですよねーw) 

そして転移したこちらが、メルヘンルームとなります。
こじゃれた窓にモグモグベッド。お菓子いっぱいスイーツカートをながめながら、小さなテーブルでケーキとワイン♪ 

広い空間より狭い空間の方が、なんか落ち着きませんか? 


ワタシのFC個室。メルヘンルームの他にも、普通に生活空間を演出する部屋を用意しておりまして。

お客様を迎えての団らんなどは、ソファのあるこちらのお部屋を使います。

洋間に合わせてお部屋の外には・・ 

バスタブタイプのお風呂もございます。
一筋縄では辿り着けず、失敗すると和室に滑り降ろされるのがタマニキズですけども。


FC個室にみっつの空間(よっつかな?)を詰め込んだワタシのハウジング。
「SS映え撮影型」「アミューズ体験型」「ロールプレイ生活型」とハウジングをカテゴライズするなら全部取りになるのかな。

(そう言えば・・、「回想録/購買修理/保管庫等機能型」の能力は無いでござる。) 

SSだけじゃぁ全部を伝えきれないもどかしさw 
来て見て探検して貰えたら、と~っても嬉しいです! 

2019年8月9日金曜日

なんなのコノアツサ・・

衝動的に、ね。暑くって・・もう・・。


2019年8月7日水曜日

振り返れない想い出

(注※漆黒の反逆者のクエストでのお話。) 

そのクエストをしている時にしか出会えない存在。
ムービーではない故に、クエストをクリアすれば消え二度とは出会えない、そんなオブジェクトをSSに残してみました。

これはとっても大事だよね。
初めてこの子と会ったシーン。

階段にお花を飾る・・?? 

クエスト中にしか咲いていないお花。

クエスト中にしか生えていないキノコ。おっきーねぇ。

この置物、カワイイ?(^_^) 

ちっちゃいキノコ、み~っけ♪ 

ペースを合わせてワタシも歩きます。ジャッ、ジャッ、ジャッ、ジャッ。

おっも! けっむ! けほっ、けほっ。

なんかね~、「SS撮るのは今のうちだそ」 って親方が執拗に言うものだから・・ 


・・!! なんでしょう、か?? 

え!? 


ひよぇええっ!? 

この子たちは・・ 人生まで道化ではなかったのだと思いたいな。


かの君。

死ばかりに向き合ってきたこれまでだったから、このひと幕はとても新鮮だったよ。


撮り逃がしたシーンもいっぱいあるから、平行世界のワタシでまたチャレンジするのです! がんばれワタシ♪