呼び名はえふぇめーランド

以前AegisのFC個室の完成を見て後、半端に手を加えて納得がいかないままに放置。そして過ぎる事、幾歳月。

ワタシが尊敬するハウジング博士が夢の家具浮かせ技を公開、これが世に広まってから、ハウジング界隈ではより一層のセンセーショナルなお部屋が誕生しています。

ワタシとしても、マサムネ・パンデモニウムにある家の内装が落ち着き、マサムネ・デュランダル・パンデモニウムにあるFC個室も模様替えがひと段落。気にかかっていたのはイージスのFC個室だけとなっていました。

そんな状況だったので。

今回は「夢の浮かせ技」でいろんな家具を打ち上げて、「来てくれる方が、驚いてくれたら・楽しんでくれたらイイな」ってお部屋を作ってみました! 

・・実際。
FCのみんなに来て戴いた時、言われたワタシのFC個室の呼び名が「えふぇめーランド」。予想ななめ上の好評をいただいて嬉しい限りです。

Aegisワールドはシロガネ2-28にあるFC「Traveller's Inn」のハウス「INNはなお庵」。
その個室にえふぇめーランドはありますから、是非いらっしゃってくださいませ。


ではでは内装をご紹介。

室内に入った時の風景はこんな感じです。
シロガネにあるお部屋なので、お部屋に入った時に抱く第一印象は「和」のイメージで合わせてみました。
ザナラーン・ワードローブを使った格子壁は、ハウジングを始めた当初から、ワタシが好む家具組み合わせですね。

奥にはお風呂と、

寝所があって、
振り返ると、入り口の頭上がロフトになっています。
白い格子のパーティションで隔離していて、その中はワタシのなかでは「メルヘンルーム」って言ってます。

だけれども。このロフトへ行く為の階段を、ワタシ設けてません。
実はこの部屋、ギミックハウスなんです。

階段の代わりにこちらを使います。

お部屋に置いた訪問帳にも記したのだけど、ロフト下の吊り下げランプ真下でJUMPしてください。
すると、あら不思議。上の部屋へと転移できるのです。

(あ。余談だけど、天球儀とドラゴンフロアランプとでは転送距離が異なります。ナンノコッチャですよねーw) 

そして転移したこちらが、メルヘンルームとなります。
こじゃれた窓にモグモグベッド。お菓子いっぱいスイーツカートをながめながら、小さなテーブルでケーキとワイン♪ 

広い空間より狭い空間の方が、なんか落ち着きませんか? 


ワタシのFC個室。メルヘンルームの他にも、普通に生活空間を演出する部屋を用意しておりまして。

お客様を迎えての団らんなどは、ソファのあるこちらのお部屋を使います。

洋間に合わせてお部屋の外には・・ 

バスタブタイプのお風呂もございます。
一筋縄では辿り着けず、失敗すると和室に滑り降ろされるのがタマニキズですけども。


FC個室にみっつの空間(よっつかな?)を詰め込んだワタシのハウジング。
「SS映え撮影型」「アミューズ体験型」「ロールプレイ生活型」とハウジングをカテゴライズするなら全部取りになるのかな。

(そう言えば・・、「回想録/購買修理/保管庫等機能型」の能力は無いでござる。) 

SSだけじゃぁ全部を伝えきれないもどかしさw 
来て見て探検して貰えたら、と~っても嬉しいです! 

0 件のコメント :