思いつきに始まった、時空の神様にまつわる物語

「ノーマルレイド・ルーレット、ってなんぞ?」と、手を出してみたら。

しゃきーん! 流れた突入ムービーは、赤みある機械が上下左右に出っ張ってきてて狭っ苦しい──アレキサンダーでした。

えええ!? ワタシ、パンデモでアレキなんて進めてないよ!? 



つまりは。
アレキサンダー起動編第一層。1-1から3-4まである中の、いっちばん最初。1-1。

つまりは、これ・・ 
ワタシの為に選ばれたステージの様なもの。

一緒になったパーティの方々からも、「ここどこ!?」「(ギミック)覚えてないよっ」の声が挙がる。
ま、まぁ、蒼天のイシュガルドの頃のレイドですもんね。パッチ的に7個くらいも前。レイドって、クロちゃん手帳以外で行く機会、ないだろうし。
あ、だから今回、新規でノーマルレイドなんてルーレットができたのかな? 

何はともあれ。
既にここは通過してこられたヒカセンの方々。恐れなぞ微塵も感じさせる事なく、ささっと突破。ワタシは、ありがたく初アレキ起動1をクリアさせていただきました。

ゆえに始まるアレキクエストのムービー。
ムービーが終わると、ワタシは低地ドラヴァニアの地に立っていたのでした。

うぅ・・、ドマ町人地に向けて、クガネテレポして紅玉海を飛んでたハズなのにな・・(;_;) テレポ代が。ここまでの移動時間がっ。
良いけどさ~。未消化だったクエストが進んだんだから良いんだけどさぁ。
う"~ (>ε<);; 



──もののついでなので、この日。一日中アレキサンダーIDに突入してました。
1:起動編。2:律動編。そして3:天動編。ざかざかざかぁーっと終わらせてきちゃいました(笑)。



以下ネタバレ感想! 

ミーデ・ホトゴ。ドラヴァニア地方で初めて出会ったアウラ・ゼラ。
瑠璃の羽角が綺麗でした。ゴブリンのラウンドロクスを案じる姿が健気でした。亡き想い人への情に流されなくて安心しました。
さようなら。ダヤンと幸せにね。
別なワールドでは、また出会うかもしれないね(^_^) なんてったって、ワタシ、ミーデと冒険したのはこれで二度目だしw 

ミーデの語りに表れた、影を持たぬエレゼン「トラヴァンシェー」の名。ラノシアの海岸での屈辱を思い出したよ! まったく! あの時の角笛にここでひっかき回されるとは思ってなかったよ! いまいずこ!? 

ちゅっど~ん! 

どっかぁ~ん! 

機械の神様の身体のなかで大暴れ。


アレキサンダー、意思があったら、「んっ、んん~? 右肩に続いて、左肩も動かんぞ? うっ、心臓がっ!」とか思うのかな・・。

0 件のコメント :