宙庭は、寝れる座れる登れます!

前の日記の続きです。宙庭と銘打ったFC個室のハウジング中身をご紹介。
ちなみに一番大好きなSSは、前の日記の一番最初にある『白きを流れる無垢の色。』です(^-^) 

さて。

こちらは宙庭へと至る回廊です。【歩く】を楽しむのに程良い距離の廊下ができました。
実は・・、廊下を最後まで歩ききらなくても、ステンドグラスをすり抜けて庭に出られます(^_^; 

ステンドグラスに残る残光がいちばん綺麗だなって思う時刻ET18:30頃のSSです。いかがです? 

北西に位置するけど東屋です。宙庭を広く見渡す事ができます。
虹色に輝く大きな珊瑚。清涼な青き水の流れ。碧に巻きあがる羽根の渦──。宙の闇に美しく浮かび上がります。

東屋のソファでも横たわる事ができますよ。尚、花の園では最大5人が横たわれます。【エモート:死んだフリ】を加えれば、バラエティ豊かな寝そべり風景が撮れるよね♪ 
花の園で、ソファで、是非【エモート:居眠りする】を楽しんで戴けたら嬉しいです。

南東の隅にはテーブル&チェア。立ってるよりも【エモート:座る】方が会話がはずみますよね、きっと。
床はカメラの動きを邪魔しないですり抜けるので、ローアングルから花畑の花が一緒に写る写し方が、ワタシの推しです! 

庭の中央には泉を。そこから西へ流れ出でた湯の川にアクセントとして橋を架けました。

湯ですから、足湯なんて如何でしょうか。
ここには椅子を仕込んでいて、横に3人並んで座れます。横並びでおしゃべりするのも良いんじゃないかな~ 

南西には嵐神ガルーダの長椅子を使った撮影セットを作りました。
ワタシの好みがぎゅぎゅっと詰まってます。翠、碧、風、羽根、翼、光。
この長椅子、発光してて常に大きく動きのある調度品なので、暗く静かな宙庭のムードメーカーだと思ってます。
こちらが全体的な画角で・・

ワタシのフレンドさんを肖像画的にパシャリ。

羽根舞う碧の風に触れる──。(エモートは白魔の/bstanceです) 


むむぅ・・ このままではまずい。
散りばめたオブジェを逐一紹介していると、せっかくのこちらの説明ができなくなりそ。

なので、ここらで「宙庭版ジャンピングアスレチック、デブ猫に座ろう!」をご紹介しましょう。 

キッカケはイミテーション・ステンドクリスタルに乗れると知った事。これは偶然の発見でした。

こんな所に登れるんだ!? 他のアーチにも渡れるね。じゃ、壁へ登れる様にしちゃおう! 登った先に何かが欲しいな。塀の上なら猫でしょう♪ 猫椅子調度品あるじゃん!はい!設置。

登り方◆テーブル&チェアまたは水槽からスタートです。モーグリフロアランプ、マーブルアーチバーティションと渡って、マカロンクッションを踏み台に壁の上へとおいでませ。塀の上から睥睨するネコちゃんの気分を味わえますよ~? 

勿論、ファットキャットソファーのその先へも進めます。
ギルドリーヴカウンターを使ったアオリ光源や、背景真っ黒でSSが撮れるお立ち台をご用意しました。お立ち台ってっても、柱の上なだけですけどネ。


さてさて。

前の日記も含め色々とSSを挙げてきた中で、座れるポイントや寝れるポイント、乗れるポイントなどの仕込んだギミックはお伝えできたかな。
楽しんで戴けたら、ワタシすっごく嬉しいです!! 

0 件のコメント :