祝!二周年♪ 新生祭は鎮魂と宣誓のお祭り

お絵描きの参考に見てた写真を見てて思いました・・。
「リアル異邦の詩人さん、あご下のお肉減らさないと」。

──8/27で新生FF14が2周年! ・・から6日が経って今日は9/2。油断するとあっという間に日が過ぎちゃいますね。
「描こう描こう」と思いつつも、筆に手がつかず。
筆を持ち「素敵な絵を描くぞ~」と、ネット見るのに時間を費やし。
8月末日曜日の夜、ようやく軌道に乗り順調に描き進めていたら、描き終えたのが朝の3時半。片付けしてシャワー浴びたら寝るの4時だし、6時半には起床の時刻でございます。

いやぁ~、なんと言うか・・ あっはっはっはは♪ ・・はふ・・ ,orz~ 



アニバーサリーを記念して新生祭が始まりましたね! 
ウツツかユメか、あのお部屋。ちょっと変わった趣向でクエスト面白かったです。まるで14時間生放送の続きの様でした。

Aegis、Ifrit、Durandal x2回。今のトコあのお部屋に4回訪問しました! 残るは、Anima、Masamune x2回。このシーズナルイベント、あと3回味わえる♪ 
そうそう。Durandalのレガシーキャラでは「ほんの僅か、だけれど嬉しい小ネタ」をマエヒロさんから頂戴しました。うん、ぐっときちゃうよ? うん・・。


うん・・。
失われ、今は旧版と称される、焼かれ消えた第六星暦末から第七霊災のエオルゼア物語。
「新生祭」は新生エオルゼアの生誕をお祝いするお祭りだと思うのだけど、生い立ちが生い立ちなだけに、今はお盆な雰囲気ですね。
ん~でも、楽しいだけじゃないお祭りも、在っても良いのかも?? 祖先を敬う気持ちを大切に。先を生きた人が偉かった訳じゃない。けど居てくれたから今のワタシがある。だから敬う、のかな。


新生祭のクエストを前に、バックに流れるAnswersを耳にしつつ心に宿すのは慰霊の気持ちと、そして誓い。
──ストーリーをなぞるならば、第七霊災で倒れた人々への。
だけどきっと本当は、旧FF14という作品への、その時に生きてたワタシへの。
後継で今も遊び続けてるから安心して、と。そして、これからも楽しい時間を創る事を誓うよ、と。

お絵描きの最初にも描いたシーンのあの言葉は、つまりこういう事なのかな、って感じたのでした。
あ~そか。新生祭のミニイベントで楽しむ事は、まさに旧FF14への慰霊になりそうですね、きっと。

自分の一年前の新生祭日記も読み返してみました。http://jp.finalfantasyxiv.com/lodestone/character/420778/blog/1575267/
まぁ、だから今回もマンガっぽいお絵描きにしてしまったのですけどね(^_^; 



https://jp.finalfantasyxiv.com/lodestone/character/420778/blog/2490659/

0 件のコメント :