その歩みは誰が為に何ゆえに。


ふと見上げた先に現れた景色はワタシに、
ワタシは何をしたいんだろうと考えさせられた。



つづら折りに連なるは、雪に覆われたクルザスの地へと登る峠道。

フロランテル監視哨の塔を境に、黒衣森の木々はこの先に無く。これより先へは、ワタシと相棒のふたりだけで往く。

上がる道は長く重いだろう。風は冷たく強いだろう。翻弄されるだろうワタシ達の存在のなんと弱っちい事か。

でもワタシは冒険者。知らないから知りたい。
訪れたその土地を。その人々を。その現況を。その歴史を。
ワタシの目の前に差し出された全ての事を。

知って。楽しむ。
その為に。

ワタシの足で見知らぬ地へ至り、ワタシの目でその地の在り様を捉え、ワタシの心に世界の地図を創りあげてゆく。

──今これからも。

0 件のコメント :