桃の節句のエオルゼア

プリンセスデーのイベントが終わりましたね。
みなで騒いだあの場所が、元の静けさを取り戻していました。


でも、昨日までの賑やかさが、まだワタシの中には残っていました。

「きっとまたお会いできます・・よね? なんだかもう、会えないような気がしてしまって・・」 ナルミの残した言葉が少し気になるけれど。
また来年、会える事を願います(^^) 


ライトスティックを振って、ステージで歌う三歌姫を応援♪応援♪ 
ライブコンサートを待つ面々の、ミコッテ率の高さに内心にんまりw 

プリンセスデーと名無しの少女──時を経て現れた少女の想いをボクは、叶えてあげる事ができたと思って、いいのだろうか・・。

日をまたぎ数秒後。イベントの中心地となったナル回廊のステージと執事王は、ふっと消えてゆきました。

──クルルが、とある島を発見したと情報が入ったのは、このすぐ後の事でした。
世は留まる事を知らず変わってゆきますね。

0 件のコメント :