引きこもりスペース完備。Durandalのマイルーム完成♪

ワールドDurandalのFCハウスに間借りしてるマイルーム。
遂に改装が終わりましたよ~っ(>_,<)ノ 

できあがって早速、お客様を招いてのご披露、させていただきました。



ワールドAegisのマイルームを整えてからというもの、なんだかハウジング熱が急に高まり出しまして。

ワールドMasamuneにあるマイルームをAegisと同じ間取りで整え。
同じくMasamuneにいる別キャラも、マイルームが保有できるところまでLV上げを進めた挙句、改装を開始! こちらはまだ改装中だけどね。こちらは新しい間取りを考えているので、あーだこーだと迷いながらもそれを楽しんでます。



一方、随分前からマイルームを獲得していたDurandalのワタシですが、空間だけ購入してその後は、ず────っと(3年くらい?)放置してました。
当時の木工士レベルで作成できた「グリダニア様式『壁』」6枚と椅子数脚を置いて、ホント長い事ずーっと放置。
放置状況こんな感じでした。
最近になって、「そんなだったよなぁ。改装したいなぁ」なんて、ハウジング熱にうずうずし始めていたのですけど。
手持ち資金が70万ギルほどしか持ってなかったから、ハウジングに手を出すと破産するかなぁという心配がありました。

でも! Durandalのワタシはクラフターが木工士から調理師まで全部LV50。そこそこの物なら自作ができる!(>_<)ノ 

伸るか反るか。ここはもう勢いですよね! 

ピクチャーフレームG3(絵画を飾る額縁)、マーケット価格19万ギルに手を出して、ハウジングコンテンツ、スタートっ! 

やー・・、いっぱいノコ挽きました。
もったいない根性で資材を貯め込んでいたのも幸いでしたね。



──ま。経緯はともかく。
お部屋紹介です! 

目指したのは「引きこもり空間」。

オープンにだらだらと引きこもりたい時は、マイルーム中央の広い空間でぼ~っと過ごします。

部屋中央の御柱・・、飾り柱の様でしょう? 

天井のラノシアン・デラックスペンダントランプに、天地を貫くシュラウド・ピラーを組み合わせた形がかっこよくて、これは他の方のアイデアを頂戴しました。
広い部屋が居心地悪かったので狭くしたかった、というのもあるかな。

間取りはこんな感じになります。

右側のシュラウド・パーティションの裏は、なーんにもありません。・・設置数の都合上ね。お風呂置きたかったなぁ。

左の間仕切りは、まぁこの後に回します。



さて。その間仕切りの一番奥には、ベッドを設置しました。プランターで飾られた緑の掛け布団つきです。
グリダニアン・ユーティリティコットの飾りは素敵。だけれど、黄色い毛布が許せなくて、緑に染めたラノシアンベッドを重ね置きしてる──という何気に設置コストかかってるベッドです。

そのベッドの枕元から壁沿いに、こっそりと緑の通路が続きます。

プランターの道をウォールランタンに導かれてたどり着くここが、こぢんまりと引きこもりたい時のお部屋となります。
このマイルームのメインディッシュですね。

少し薄暗く、緑に包まれた狭い空間に護られて。柱時計が奏でるゆったりしたリズムと涼やかな水の揺らめきに、心たゆたう時間を作る。
格子の向こうに見える部屋・窓に見える外の景色は、ここで護られつつも外との繋がりを感じさせてくれる。
そんな癒やしの空間になれば良いな・・と。


あ、ワタシの部屋には必ずある宇宙エレベータは、今回ここです。
ね、ランプの下に吸引口が見えるでしょ? 

ただ、ちょ~っと場所を取り過ぎちゃって玄関に張り出してきてるので、入ってきた人は左側からの圧迫感に「うぉ?」ってなるかもしれませんね。

一カ所に夢詰め込みすぎた所為で、花や植物で部屋をあまり飾り込めなかったのが残念。
あと10、アイテムが置けたら、モグぬいぐるみとか飛ばしてたと思いますw 



いや、ま。

第六霊災以降はMasamuneが活動場所のメインになったので、長い事足を向けてなかったDurandal。
そんなものだから、「ここ連日珍しい者がおる」とはLSの人に言われてたのだけど── 

ま、こういう訳なのさ♪ 
お部屋改装たっのしーーーー♪ 

お財布すっからかーーーん♪ ,orz~ 

0 件のコメント :