「休憩処ゆるりと」改め。「休憩処くぽっと」

このハウスにいらっしゃった方たちの休憩場所になれば・・。
──この思いが、このお部屋ハウジングのコンセプト。今回もそこは変えておりません。

おりません、ケ・ド・も! 
居並ぶFC個室の中じゃ、アビさんのお部屋が一番くつろげそう~! 日本人に一番なじんでる風景だもの。なんてったって、ワタシが時折くつろいでるしw 

Pandaemoniumワールド、ラベンダーベッド4-21にたたずむ普段は白亜の、今はモーグリハウスの、エミさんFCハウス「Forest Wedding House」。

ベーシックな式場、ファンタジーな式場、待合室にカフェ、遊技場、ギャラリー、妖館、和の部屋エトセトラ。このFCハウスは個室も個性あふれる部屋ばかりです。
ワタシの作る部屋、カテゴリーでブッキングしたくはないなぁ。

むむむ。

そんな思考過程を経て、オードドックスに「洋風のお部屋」を目指したワタシの012号室を紹介します。紹介というか、自己主張いたします! 
みんな見て! 


まずはお部屋の俯瞰から。
クリスマスの時の、ですね、これは。今はツリーとか除いてあるけれど。

こじんまりとしたエリアにきゅきゅっと詰め込んでみたよ。

こちらはベッドからの視点。

起きたらドレッサーで、とりあえず身支度。

お部屋を移動して・・ 

ロフトの本棚で読書でも。


気分を変えて──モグ会場。
モーグリたちは、あなたと一緒にさわぎたい! 

いろんな・・ 

撮影に・・

使っていただけたら・・ 

嬉しいです♪ 


お疲れになったら、静かなお湯のゆらめきに、心をとかしてくださいませ。


「居心地の良さ」「SS映え」「ワタシ的な何か」を考えて作ってみたら、まんま、「居住空間」「撮影スペース」「お風呂」になってました、この個室。

近くにお越しの際には立ち寄っていただけますと、とっても嬉しいです。

あ。ちなみにベッドは相変わらずのセミトリプルです。
おふたりでいらした時は・・あいだ、詰められますからね? 
言っておきますが、このSSは、独りです。独りなんです。

0 件のコメント :