劇的☆超える力で「ぱれえ動画」に。

ぱれえ動画 in Aegis。

この一週間思い続けてきた地イディルシャイアに、不安を抱えながら立つワタシは、コハクさんLSの方々と一緒のパーティに加わっていました。
パーティ、チャットが常に流れてて新鮮な感じです(^_^) Fenrir、Masamune、Durandal、ではパーティは組まなかったですしね。
どんな感じになるのかを期待する声が聞こえてきて、既に経験してきたワタシは無言を貫きながら内心ぬふふな笑み、漏らしてました。



時刻が来て。
映画監督の指示のもと、イディルシャイアを裏表紙門から出立した一行は、選者街を抜けて、かつては学士街とを繋いでいたはずの朽ちた橋へと行進しました。花火上がるわ、クラッカー派手だわ、みんなの楽しい声が辺りに響きます。

ワタシは。最初の目的地がこの橋と聞いて「今の、この歩みが最後だろな」って思いながら、「だったら最後は目立ってやるーっ」て撮影者の姿を探しながら歩いてました。結局はヘタレなので、カメラマン見つけても何もできませんでしたけどね(^_^; 



全員が朽ちた橋に到達後。監督から次の指示が届きます。

撮影スタートと共に、自由な空へ次々に飛び立つみんなを見上げながら、ワタシは、同じ空へ飛び出す事ができませんでした。



低地ドラヴァニアの風脈の泉は全て解放していたのです。ただひとつ、グブラ幻想図書館のクリアを除いて。
かの老婆様に会ったのは、このイベントが始まる30分前でした。



!!現実に戻ります。もちょっと歩きたかったけど、それは仕様がありません。
橋の反対側に留まるみんなを目にとめ、ワタシは手綱を引いてチョコボを急旋回。イディルシャイアへ取って返して学士街側へと急行しました。あきらめ悪いワタシですよ! 憑いて行けるトコまで付いていきますからね! 
そしてしっかりと、地図的にはみんなと合流です。高低差は如何ともし難いですけどね(^_^; 

ワタシが追いついて直ぐ。次の指示が出て、集団は南へと移動を開始しました。
「次の撮影には!」 ワタシは、最短距離をクロウラーやドードーに絡まれながらチョコボで疾走。みんなを追いかけました。一撃600って何!? 痛いよっ! 

地図を開けばパーティのみんなを示す青い円が、アレキサンダー上空をグブラ幻想図書館へ向けて速い速度でまっすぐ突き進んでいくのが見えます。
「くーっ、ワタシ負けないww」


・・ワタシ負けましたわ。わたしまけ負シタワ。ワタシ負けましたわたしまけ負シタワタシ負けましたわたわたわた・・ 



次の撮影のスタートは、サリャク河最南端、河の上からでした。
行けない!むーりーーーっ。【/disappointed】 

図書館前に架かる大橋の欄干がワタシの最南端。参加者のみんなは更にその向こうの中空に居ます。
いいなぁ~。ワタシここまでだわ~。あと1時間あればな~。グブラ図書館をクリアすれば飛べたんだけどな~。まぁ仕方ない。仕方ない。・・。



「せめて、みんなが大勢で飛んでゆく姿を橋の上から見れたら、なかなか集団が飛ぶ姿って見る機会ないから記念になるだろうな~」って最後のあきらめの悪さを発揮しようと意気込んでました。
そこへ不意に。舞い降りるアーリマン。ふと消えるその一つ目。

そして目の前に現れる純白のチョコボ。白なる騎士。
無言で「後ろに乗れ」との見つめてくる視線。



・・なんですか? この、お姫様の妄想的展開は?ww 



ゴメン! この展開というかシチュエーションは予想してなかったw 
覚悟してたっていうのもあるケド。二人乗りって手段を思い当たりもしなかったし、ましてや、ワタシが「はくばのおうぢさま」に誘(いざな)われるなんて、イヤ・・その、これっぽっちも思った事なかったものでww 
感激よりも笑いが先に立っちゃったw 

このインパクトがあまりに強かったので、ぱれえ動画の日記を長々と引きずっちゃったけど。
つまりは、ハイ。このイベントにワタシは最後まで参加できたのでした。


イディルシャイアにはたどり着きました。けれど。
本当の目標には、ワタシ独りでは、たどり着けなかった。叶わなかった。
LSとフレには、感謝・感謝です。

Aegisでのワタシのぱれえ動画、ログを残しておきますね。


えーっと・・。
白いグランチョコボ、ワタシ乗って良かったの?? 
あとで誰かに恨まれないよね?? 

0 件のコメント :